神奈川県市町村職員年金者連盟とは

 本連盟は、神奈川県市町村職員共済組合を構成する市町村(横浜市、川崎市を除く)を退職し、年金受給者となられた方を対象に、相互の親睦と交流を図ることを目的として、昭和42年6月に会員約600名をもって発足いたしました。その後、加入資格の拡大を図りながら順調に発展を続け、現在では24支部、会員数5,000余名に達しております。

会長あいさつ

      

 2022年新春あいさつ

  

 明けましておめでとうございます。

      

 神奈川県市町村職員年金者連盟の会員の皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこと心からお慶び申し上げます。平素、神奈川県市町村職員年金者連盟の活動にご理解・ご協力を賜り、心から感謝申し上げます。

      

 旧年中は前年に続いてコロナ禍により、神奈川県市町村職員年金者連盟並びに各支部においては事業がほぼ全て中止・延期を余儀なくされた一年でした。

      

 今年の干支は「陽気を孕み、春の胎動を助く」といわれる「壬寅(みずのえ とら」です。コロナ禍で引き続き厳しい状況におかれている今日ですが、2022年は「冬が厳しいほど春の芽生えは生命力に溢れ、華々しく生まれる年になる」という謂れのとおり、希望の年となって欲しいものです。

      

 新たな年を迎えても変異ウイルスの拡大が懸念されています。会員の皆様におかれましては引き続き十分気を付けていただくとともに、一日も早くコロナが収束することを願っています。県連では各支部と一体となって、コロナ禍の推移を見守りながら、無理をせず、会員の皆様と和やかに、楽しみながら活動してまいりたいと思います。

      

 新年が会員の皆様、ご家族にとって幸多く、穏やかな一年となりますよう、心からお祈り申し上げます。


神奈川県市町村職員年金者連盟
会 長 兵藤 芳朗

新着情報
記事一覧


PAGE TOP